出産を機に見直す生命保険

出産を機に見直す生命保険

生命保険を見直すタイミングとして出産を挙げる方は大変多いようです。

 

子供が生まれた責任感と、家族の生活を守るという目的のために手厚い医療保険と、十分な死亡保障に切り替えるのです。

 

死亡保障は子供が独立するまで、大学卒業を目安に設計するのが一般的で、言い換えれば子供の養育費や生活費を保険に加入して安心感を得るというのが目的です。

 

子供が小さいうちには多額の保険金額が必要ですが、子供の成長に伴って必要な保険金の金額は減っていきます。

 

そうした変動に合わせて保険金額を変えられる商品を選ぶのも良いですし、定期的に保険を見直して行くことも必要です。

 

医療保険の方は病気やケガの治療費を保障する保険ですが、高額出費に対応するよりは若いうちは幅広い保障を優先的に選択したほうが若いうちは有利と言えるでしょう。

 

そして保険料に余裕があったなら妻の収入保障保険なども加入を検討するのが良いでしょう。

 

子供が小さい若い親はまだまだ大きな病気の心配は少ないけれど、何をおいても子供のための死亡保障が重要です。

 

一方で養育費がかかり生活にもお金がかかる時期ですから、保険料はできるだけ抑えたいという気持ちが多くの方が持つでしょう。

 

保険料の安く抑えることができるネット保険などを活用して手厚い保障をできるだけ安い保険料で得ることができるように工夫することが必要です。

 

たとえば死亡保障をいきなり終身タイプに加入するのではなく定期保険から検討するなどの工夫をしましょう。